「リノベーション」と「リフォーム」の違い

「リノベーション」と「リフォーム」の違い
リノベーションについて
「リノベーション」と「リフォーム」、意外とこの2つの言葉は混同をされています。今回はその「リノベーション」と「リフォーム」の違いを徹底解説し、「リノベーション」を検討されている方に様々な角度からメリットに限らずデメリットも含めてお伝えをして参ります。

「リノベーション」と「リフォーム」とはそもそも違う意味

「リノベーション」と「リフォーム」の違い

まずは、「リノベーション」と「リフォーム」それぞれの言葉の意味を把握しましょう。

リフォーム=部分的

リノベーション=全体的

乱暴さもありますが、簡潔に表現するとこのようになります。

これをより具体的に示すと以下のようになります。

▶リフォーム

「リフォーム」は、基本的には古くなった家の部分を新築時の状態に戻すことです。賃貸マンションの原状回復も実質的に「リフォーム」です。マイナスになっているものを0に戻すというとわかりやすいでしょうか。
英語でいうと「Reform」で、これは日本語訳すると「改良」に当たります。改めて元の状態のように良くすることというわけです。
元通りに限らず、部分的な改良も「リフォーム」です。例えばお風呂場が古くなったため一式最新設備へ取り替えること。これは「リフォーム」ということになります。

▶リノベーション
「リノベーション」は、建物自体を大規模に改修すること。古くなったから直すということではなく、間取りやデザイン自体にも手を加えて生活の向上を目指すことです。つまりマイナスになっているものを一気にプラス転嫁するイメージです。
英語いうと「Renovation」で、これは日本語訳すると「刷新」に当たります。元通りではなく、元あるものをより良くすることというわけです。
ちなみに「リノベーション」においてよく出る懸念が、建物が中古故に自然災害に耐えられるのかというもの。「リノベーション」は、デザイン面に限らず耐震補強なども含まれます。よって、それらの施行も行うことで新築より安価で不安も払拭の上で真新しい家に住むことができるのです。


つまり、家が古くなってそこを直すことは「リフォーム」。家が古くなったので全く新しいデザインコンセプトで生まれ変わらせることが「リノベーション」です。

「リノベーション」と「リフォーム」は混同されている

「リノベーション」と「リフォーム」の違い
上記の説明に基づくと、今まで混同されていた方は「やろうとしていたことはリフォームではなくリノベーションだった。なので今後はリノベーションだけ情報収集をして、リフォームの情報収集はやめてしまおう」と思われるかもしれません。

しかし、この「リノベーション」「リフォーム」というものに関してはそう簡単に片付けられないのが現実であります。

なぜならば、言葉が混同されているため、実際はリノベーションの情報であってもリフォームという言葉を使用して案内しているページも多く存在するのです。その逆もまた然りです。

これは純粋にその情報発信元が間違って認識していることもあるでしょう。それであれば、「その記事は信頼できない」と片付けられます。

しかし、そう簡単ではないのです。一般的に言葉が混同されているのを認識した上で、わざとリノベーションの情報にリフォームという言葉を使用しているケースもあるのです。これは優しさからそうしているケースもあるので一概に批判するものでもありません。

当媒体ではリノベーションとリフォームは混同せずに明確に言葉を分けて使用をしていますが、そうでない媒体や各情報サイトもございます。それらサイトの情報が当社でリノベーションされるお客様に役立つことも十分に考えられます。

よって、「言葉が混同されているので、それを踏まえて情報収集を行っていこう」というスタンスでいると良いでしょう。


続きは次回のコラムで♪
WORKS MORE