【比較】「リノベーション」と「新築」

【比較】「リノベーション」と「新築」
リノベーションについて
続いては実際にリノベーションは良いものなのかを検討してまいります。この際に比較すべきなのは対リフォームではなく、新築です。全てを刷新する上で、元からあるものを活かすのがリノベーション。0から作り上げるのが新築であるためです。

それぞれのメリットやデメリットを余すこと無く上げてまいりましょう。

■リノベーションのメリット
・元の家を活かすため新築よりも総予算が安価
・元の家を活かすため工事期間が短い
・場合によっては仮住まいや引越しが不要で住みながらの順次リノベーションも可能
・予算に合わせて局所的に予算をかけたり抑えたりも可能
・新築よりも税金額が安く済む
・元の家やマンションを活かすため制約も生じるが、逆にアイディアの元となる

■リノベーションのデメリット
・元の家やマンションを活かすため制約が生じ完全な自由ではない
・元の家を活かすため、大幅な面積増は望めない
・耐震補強も可能だが、元を直すことで新築よりも時にコストが高くなる
・予算が少なすぎると部分リフォームとなってしまうこともある(新築も叶わない)

■リノベーションに向いている方
・思い出の建物を壊したくない方
・築浅物件を所有しているが内装が気に食わない方
・再建築が難しい物件(土地)や制限がある方
・様々な事情で仮住まいや引っ越しができない方
・新築よりも予算を抑えたい方

■新築のメリット
・外観含めて丸々新しいものを作り上げられる
・0ベースで設計ができるためとにかく自由度が高い
・建物の耐震補強に限らず地盤改良・補強レベルから行うことが可能
・古い家の場合、リノベーションでの耐震補強よりもコストが下がる可能性もある
・現時点での法基準や耐震基準に基づいて家を建てられる
・リノベーションよりも融資において有利な融資条件が出やすい

■新築のデメリット
・元々家がある場合、建築費用だけでなく解体費用や一次引っ越しの費用などもかかる
・その結果リノベーションよりも別途出費も増えコストが相当かかる
・工事期間が長い
・各種税金がリノベーションよりも高くなる場合がある

■新築に向いている方
・今住んでいる家の面積ではリノベーションしても手狭そうな方
・古い家に住んでいて地盤補強からしないと不安な方
・地盤は大丈夫でも白アリ等に柱が食われてしまっている方
・リノベーションでは満足いく形にならなそうな方
・予算に余裕がある方

まとめ

それぞれメリットとデメリットがあり、何を取るかは価値観やそれぞれのライフスタイル、予算感で変わってきます。絶対にリノベーションがオススメなど申し上げません。

正しい選択を行うよう、参考にしてみてください。
WORKS MORE