【比較】「マンションリノベーション」と「戸建てリノベーション」

【比較】「マンションリノベーション」と「戸建てリノベーション」
リノベーションについて
「リノベーション」を選んだとして、マンションのリノベーションと戸建てのリノベーション。どちらが良いのかというお話をしていきます。

(1)戸建ての方が自由度がある
まず、マンションでリノベーションをする場合はマンションの管理規約に基づいてリノベーションを行います。玄関扉の変更が不可であったり、窓サッシの変更が不可だったりします。

戸建ての場合、敷地とその中にある建物は全て所有者に責任が帰属します。しかし、マンションは部屋こそは居住者所有権がありますが、共有部分があり、マンション自体は当然部屋の所有者の物ではありません。よって管理規約に従う必要があり、そもそも最初の入居時に確認を行っているのです。

よって、マンションではできることとできないことがあるという点を理解しておきましょう。なお、その規約内でアイディアを発揮し、理想的なリノベーションを実現されている方は数多くおりますので、「マンション=自由がないからオススメできない」などとはなりません。

マンションを所有していてマンションリノベーションをご検討の方は是非ご安心ください。


(2)マンションリノベーションにおける自由度はどの程度か
マンションのリノベーションで一般的に可能なことは、部屋の間取りや内装の変更です。

新たに子供部屋を設けることや居間や寝室の配置を変更したりすることは可能です。壁紙を変えることや内部のバリアフリー化も可能であることがほとんどです

また、キッチンや浴室などの水回り設備においては、最新の機器(製品)に交換することは比較的容易です。ただし配管位置の変更が容易でないため、大幅な場所移動は難しいケースがほとんどです。

なお、玄関扉は前述の通り変更不可がほとんどですが、内側はテープや壁紙を使用して内装デザインに溶け込ませることは可能です。アイディア勝負のところが多くあります。


(3)戸建ての方が劣る点は
マンションの場合はマンション自体の再補強や改修はマンションの所有者がそれを行います。よって、リノベーションを考える際に耐震補強の費用は想定されません。

それに対して、戸建の場合は耐震補強に関して一度確認する必要があり、鑑定の結果補強が必要となると大幅に費用が嵩む恐れがあります。

費用が嵩むからといって耐震補強を怠るわけにもいきませんので、リノベーションを決断する前に家の強度をご確認されることをお勧めします。
WORKS MORE