リノベーションの理想をまずは情報収集して、導き出そう

リノベーションの理想をまずは情報収集して、導き出そう
リノベーションについて
新築においても同じことですが、「こういう家にしたい!」という強い気持ちを持つことが何よりも大切です。その理想があれば、それをそのまま実現することができるかもしれませんし、設計士がより良いものを提案してくれるかもしれません。

そのためには情報収集が欠かせないわけですが、今の時代はインターネットで情報がいくらでも手に入る時代です。情報を見すぎると逆に何が良いのかわからなくなってしまうケースもあります。
「あれもいい」「これもいい」となり、様々なものに影響されて、当初自らが思い描いていた理想とは全くかけ離れたものを魅力的に感じてしまうのです。

また、良くも悪くも様々なデザインの事例や資料は、当然それらを最大限魅力的に見せています。よって「これいいなあ」「あれいいなあ」と思うようにできているのです。

様々な資料や事例に魅了されてしまった結果、「これだけは譲れない」と思っていた自らの理想までも「やっぱり別の方がいいんじゃないか」と揺さぶられてしまいます。

その結果、何がベストか分からなくなり決めきれなくなってしまうのです。

悩み抜いても決められるならまだ幸せでして、実際は望んでいないものを理想と錯覚してしまいリノベーションした後に後悔することになる危険性も含んでいるのです。
WORKS MORE